目指せ!投票率75パーセントキャンペーン

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • LINEでシェアする
  • Instagram

みんなでつくる10の争点

  • 8/26~8/31
    争点アンケート募集
  • 9月上旬
    アンケートを集計し、得票の多かった「10の争点」を発表
  • 9月中旬~
    今秋の衆議院議員選挙の立候補予定者を対象にアンケートを実施
  • 衆議院議員選挙公示日以降
    「10の争点」に対しての回答を当サイト上で公開
たくさんのご協力ありがとうございました!
次回衆議院議員総選挙を見据えた10の争点に関してはアンケート終了しておりますが、
今後も活動していくプロジェクトになりますので、引き続き、皆様のお声をお聞かせください。
皆さまのご協力のおかげで、44,629名の方にアンケートに回答して頂くことが出来ました。誠にありがとうございました。アンケート集計の結果から、「みんなの争点10+」を発表します。
また、「みんなの争点10+」について政党・候補者の考えを聞く際のアンケート質問文も併記します。

みんなの争点10+みんなの争点10+

私たちがやろうとしていること

「目指せ!投票率75%」は日本の投票率を75%にあげることを目的としたプロジェクトです。本プロジェクトでは、若者や現役世代の日々の暮らしや考え方に直結する政策やテーマを調査し、まずは来る衆議院議員選挙の争点として掲げます。そして、各政党の公約や候補者の考えをわかりやすく情報発信します。続く参院選、総裁選をも視野に入れています。こうした一連のキャンペーンを通じて若年層の政治的関心を向上し、投票行動を促進していきます。

なぜ投票率を上げるのか

日本の投票率をご存じでしょうか?令和元年に行われた第25回参議院議員選挙での全体の投票票率は49%でした。また、平成29年に行われた第48回衆議院選挙では54%でした。これは驚くべき数字です。
現在、世界的に見ても投票率は低下傾向にあると言われていますが、2010年代のOECD諸国の投票率の平均は90%台から50%台です。そこからわかることは、日本は投票率の最も低い国の中の一つであるということです。なかでも若年層の投票率は10代40%、20代34%、30代45%、と世界的に見ても特筆すべき低さです。投票率の世代間格差の調査結果では、日本は25.2%と世界2位の大きさとなっています。
日本
OECE高投票率

目指している私たちの未来

少子高齢化が進む中で、これからの日本を支える若者や現役世代の思いを、しっかりと政治に反映していきたい。そのために、民主主義の根幹である選挙は非常に重要です。ですが、選挙が、民主主義が正しく機能するためには、投票率の向上が必要不可欠です。当プロジェクトは、若年層の政治的関心の向上と投票行動の促進をもって、みんなが生きやすい未来を目指します。